(2)古いブロック塀をジョリパットアルファできれいにします!DIY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

(1)古いブロック塀をジョリパットアルファできれいにします!に書かせていただきましたが、今日も作業を進めました。

前回は
①ブロック塀の洗浄
②継ぎ目を埋める
をしました。

 

今回は②で継ぎ目からはみ出したインスタントセメント(モルタル)をとることから始めました。

↑これはブロック塀の上部です。
継ぎ目の溝は埋まっていますがはみ出たセメントがボロボロついています。
この後、下地材を刷毛やローラーで塗るにも、ジョリパットアルファを塗るにもジャマですし、仕上がりにも影響しそうなので取っていきます。

↑こんな道具を使ってバリバリ剝いで行きます。この道具の名前は…なんていうんだろう?夫が買ってきてくれたので良く分かりません…(-_-;)

バリバリ剥いでなるべく平らになるようにしました。

上部だけでなく継ぎ目全てをバリバリ!腕が筋肉痛です…これはあんまり楽しい作業ではなかったなぁ(-_-;)音もそれなりにするから、近所のお向かいやお隣のおじいちゃんおばあちゃんが様子を見に来ちゃうし…

 

 

その後、マスキングテープをブロック塀の上部の境界線ギリギリに貼り、ブロック塀前部分に床養生テープを敷きました。
床養生テープを敷く前に、床面をよ~く掃き掃除してくださいね。セメントの粉とかが落ちているとテープ部分が上手く着きません…。

↑マスキングテープ


床養生テープ

スポンサードリンク

 

ジョリパットを塗る前に下地材を塗ります。

ロックペイント の多用途下塗りシーラーです。ジョリパットアルファとメーカーが違うのですが、代用できるということで、ちょっとお安めなこちらを使いました。
ジョリパットアルファを真っ白なものを選んだので、下地材もホワイトにしてみました。

 

細かいところは刷毛で、その他はローラーで塗りました。ローラーと下地材を入れるプラスチックの容器はダイソーで調達しましたよ(*^^)v
容器はキッチンのコーナーにあったものです。

 

下地材は結構ネットリしています。最初、少しだけ水で薄めて塗ったのですが、↓のよう凹んでいるところに入っていかない…(T_T)

 

困った私は夫に電話し「もう少し水で薄めて塗るように」とアドバイスをもらいました。水の量は目立たない所で試してちょっとずつ調整するのが良いと思います。
再度、下地材を水で薄めてローラーのスポンジに含ませ、ブロック塀に押すような感じでユックリローラーを転がしていくと凹んだ箇所にも下地材が上手く入りました。

どうにか、下地材を塗り終えました\(^o^)/
下を見ると床養生シートが見えますね。

①ブロック塀の洗浄
②継ぎ目を埋める
③継ぎ目の余分な部分を取り除く
④養生(マスキングテープ、床養生テープ)
⑤下地材を塗る

今回はここまで終わりました!!!

次回はいよいよジョリパットアルファを塗るぞう!
楽しみに(´艸`*)
★応援クリックしていただけると、とても嬉しいです。

引きこもり主婦 ブログランキングへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*