古いブロック塀をジョリパットアルファできれいにします!DIY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

暖かい日が多くなってきて、植物が元気になってきました(^▽^)
ビオラさんも、ほら元気いっぱいで可愛く咲いています💛

バラさんも葉っぱが沢山出てきたし、写真いっぱい撮りたい!

 

でも、一つずーっと不満に思っていることがあります。
玄関前のお隣との境界のブロック塀が古くて汚いんです…
ウチの建て替えの時、塀を新しくさせてほしいって言ったのに(うちの負担でウチの土地範囲内に)嫌だと言われてしまい…泣く泣くそのままにしていたブロック塀…

↑見て下さい。
ブロック塀が見えるでしょ?この古いブロック塀が写り込むのがスッゴク嫌!

 

どうにかしたいと思っていたし、色々方法も考えていました。
①タイルを貼る。
②自立するラティスを置く。
③ラティスをブロック塀に固定する。

↑こんな岩っぽいタイルを貼りたかったのですが…
予算オーバーです(T_T)
いつか、いつか、ぜひ使いたい!
でも、今回は諦めました。

②ラティスに自立する部品を付けて置く。これが一番簡単なのですが…ブロック塀はお隣との境界でとても狭いです。狭い分風が強く吹きます。お天気の日は良さそうですが…安全を考えると、これもちょっとですね…

 

③ラティスをブロック塀に固定するのに塀に穴を空ける必要があります。あまりにも古いブロック塀なので、穴を空け終わる前に崩れてきそうです…これもダメ…

で、最終的には…

ブロック塀自体に色?を着けるのが良かろう!という結論になりました。
で…これ、買っちゃいました。

 

↑ご存知でしょうか?アイカ工業のジョリパットアルファです(^▽^)/

 

塗り壁っぽく仕上げることもできる外装内装仕上げ塗料です!

 

色は真っ白を選びました。
真っ白塗り壁にバラさんや季節の草花。映えると思いませんかぁ~💛想像するだけでテンションあがります。

スポンサードリンク

 

が、うちの場合は古いブロック塀に塗るので下準備が必要…(T_T)

 

まずは、ブラシを使って水洗いします。結構力入れてもいくらでも汚れが出てきて…「もう、このくらいでイイや!」とある程度のところで止めてしまいました…根性なしです…
高圧洗浄機とかお持ちの方は簡単にキレイになるんだろうなぁ

↓洗い終わったブロック塀です。下の方はブラシでは綺麗になりませんでした…
いいんです。鉢とかプランター置いたら見えないもん(T_T)

続いてはブロックの継ぎ目?を埋めていきます。
↓水を加えるだけのインスタントセメントを使いました。


MATERAN インスタントセメント60分速乾 灰 4kg NO5130
水の分量は少しずつ少しずつ足していくことをおススメします。一点を過ぎると急に水っぽくなっちゃいます。小麦粉に牛乳とか混ぜてく感じかなぁ。

夫と小学生の息子と私で継ぎ目を埋めました!
集中し過ぎてどのくらいの時間やっていたかは覚えていません…
そんな長時間ではないと思うのですが…

こんな感じ!左側は私がやったので、セメント(モルタル)の無駄が多いですね…
インスタントセメントは粘度が低くて、塗り込む?埋め込む?作業が大変でした。すぐポロポロと落ちてきちゃって…多少、インスタントセメントをゆるめにすると塗りやすかったように思います。

 

①ブロック塀の洗浄
②継ぎ目を埋める

今回はココまで…

次は「下地材」を塗ります!

★応援クリックしていただけると、とても嬉しいです。

引きこもり主婦 ブログランキングへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*