野田聖子さんの息子さん、本格的に就学に向けて活動開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

野田聖子さんの息子さん、いよいよ来年の就学に向けて本格的に活動を開始したようですね。
我が家も長男が小学校へ入学する際には、色々、悩み市の就学相談にも行きました。
息子さんもガンバレ!

 

保育園では本格的に口から食べる練習。
お友だちの応援は、見栄っ張りのムスコさんには、
よいエール!
http://ameblo.jp/seiko-noda/

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%97

 

 

先日は、ムスコさんに招待状がきた仕事に、鉄母同行。
ケネディ大使主催の障害者関連のレセプション!
大使に、ハローサンキュー、練習してたムスコさん。
興奮して昼寝出来ず、本番は、グダグダ、なり。
http://ameblo.jp/seiko-noda/

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%96

 

 

配偶者控除のやりとりもある。
夫婦控除へ、と言う意見もある。
が、そもそも働く女性が増え、さらに政府として増やそうとしているなか、女性たちが働くことと満足な子育てをともに促すなら、いっそこども控除のほうが!

こどもを育てているのは夫婦だけでなく、シングル親も多し
そしてその人たちがかなり厳しい状況下にあるし。

さらに、夫婦の定義を決める時、もめるはず。
事実婚は?同性婚は?非婚率も上昇しているから。
夫婦控除があるから結婚しよう!なんてお気楽なことではない。
http://ameblo.jp/seiko-noda/

 

難しい事は、良く分からないけど、分からないからかな…
コレってイイ案なんじゃないかな、夫婦控除って…、小さな子どもたくさんで専業主婦の家も、夫婦ともに収入がシッカリしているうちも同じ扱いって無理があるんじゃないかな…(こちろん控除対象は所得制限とかつくんだろうけど)

保育所の増設や、職場環境の整備が追い付かないなら、せめて、子どもが小さなうちは、家で子育てを安心してできる支援をしてくれなくちゃ、子どもが欲しくても産めなくなっちゃうよね。
これからは、おじいちゃんおばあちゃんの世代も、裕福な層ではなくなって、子世帯の支援を労働的にも金銭的にもできなくなってくるだろうしね。

 

 

ムスコさん、めでたく5歳9カ月!
身長 111センチ
体重 17.7キロ
なかなか体重が増加しないのが悩みのタネ…

保育園での運動会参加。
特別支援学校の見学。
彼なりに多忙でカロリー消費するんだろうな。
http://ameblo.jp/seiko-noda/

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%95

ちょっと疲れちゃって、体重は増えないのかなぁ。
背が伸びる時期って、なかなか、体重は増えなかったりもするし。
それに、元気そうな、可愛い笑顔をみると心配なさそうですね(^▽^)

 

かつては、普通の主婦を国政へという流れが主流。
ノダは、ベテラン議員が母親修行か!
あらためて、育児は崇高かつ激務であることを、全ての人たちと分かち合いたい
http://ameblo.jp/seiko-noda/

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%94

スポンサードリンク

ぜひ「育児は崇高かつ激務であること」を、そうは思っていない人達に知らしめてください。
「子どもを育てる」という大切な仕事を「仕事」として広く認識してほしいな。

 

今年も鵜飼のシーズン終了。
先週、乗船。
ギリギリセーフ!
ムスコさん、初体験なり。
http://ameblo.jp/seiko-noda/

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%93

 

 

野田聖子です。

先日、ムスコさんの就学相談。
で、結果は…
特別支援学校がよい、とのお答え。

彼には身体障害のうち、心臓疾患で一級、脳梗塞による右麻痺で二級
さらに今回、知的障害中程度が加わった。

特別支援学校のうち肢体不自由か知的障害かの判断だったが、まあ歩けるから。
肢体不自由だと看護師さん常駐なんで医療ケア可能。
知的障害だとこれまでは、いない。
ま、障害者支援法も改正されたので現場にご理解頂くようお願いします。

話し合いの場で言われたことは、小学校にはいるまでに、もう少し勉強を!でした。
ヒェーッ⁉︎
これまで、とにかく生きてくれの一点張りだった。
両親の関心は成長のみ。
成長した今、体に見合う知力をつけること…

さっそく本屋で、ことばカードとはじめてのめいろ、をゲット!
にわか教育ママの鉄母とムスコさんとの、新たなる戦いがはじまったど〜
毎日、絶望と向かいあってます(涙)

悪いことや悪いことばは教えなくても出来る彼…
辛抱辛抱。
http://ameblo.jp/seiko-noda

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92

 

就学に向けて、教育委員会の担当者さんと打ち合わせ。
現場の皆さんは医療ケア児を受け入れたいと言ってくれるけど、役所のトップがね〜〜
ま、メゲずにムスコさんにとって最善の教育を目指し、鉄母は前進あるのみ。
http://ameblo.jp/seiko-noda/

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91

息子さんの「就学」のことでいうと、少し複雑な気持ちがあります。
野田聖子さん自身は「特別扱い」をされている気はないでしょうが、実際には、特別なのではないかと思ってしまいます。

私も、私の知り合いも就学相談では、かなりイヤな思いをしました。
もちろん、それは少数派で、多くの就学相談では、子どもと親と向き合って、相談に乗ってくださっていると信じたいですが、ネットなどでは、酷い事例をたくさん目にしました。

ぜひ、息子さんの就学相談(活動)の経験を生かして、普通のお母さん達が迷い悩んでいる現場を見て、改善していただきたい。
きっと、それは野田聖子さんの経験した、それとは違う可能性が高いから。

 
★応援クリックしていただけると、とても嬉しいです。

引きこもり主婦 ブログランキングへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*