昨日のバイキングを見て「いじめ」について考えた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

昨日「バイキング」を見ていていたら「イジメられる側にも原因がるということを納得する」という意見に賛成か、反対か、みたいな話しをしていました。

 

ごめんなさい、たまたま、テレビを付けたらやっていたので、どういったコーナーかとか、詳しいことは分からなくて…

 

直観的に思ったのは「イジメらる側にも原因があるということは理解するけど、納得しちゃいけない」てことです。

 

私もイジメられることが多かった人間として思うのは、確かに、イジメれやすい人は居て、自分もその一人だと思うんです。

 

だから「イジメらる側に原因がある」と言うよりも「イジメられやすい人間は居る」ってことは理解できるし、感覚的に分かるんですよね。

 

私の場合「ウジウジ」していました。
ちょとのことで、泣いてばかり、その姿を見てイライラする人も居るだろうし、面白いと思う人も居るでしょう。

 

まだまだ、感覚で生きている小学生にとっては「イイ獲物」ですよね…

 

だから「理解」はできます。
でも、それを納得はしちゃいけない!

 

番組では大人達は「理解してはいけない」と言う意見が多かったけど…
それも、違う気がします。

 

イジメられっ子の中には、私の場合とは違うパターンもあると思うんです。
「人の気持ちを逆なでばかりする子」とか、「集団行動ができない子」とか…
(ある意味、私も集団に馴染めなかった子であるとは思います)

 

実は、イジメられっ子に、周りは迷惑をかけられることが多くて、その流れで仲間外れにされて、それがいつかイジメに変わっていく…

 

どんなパターンでも、絶対に「イジメている」方が悪いわけですよ、それは絶対にね。それは大前提!

 

私自身は、イジメられている時に担任に「イジメられている、あなたにも原因はあるんじゃない?」と言われた時「絶望」しかありませんでした。

 

イジメられる側に「根本」の原因がある場合、それは、本人に伝えるというよりも、その子がみんなと上手くやれるように、大人がフォローする。と言う事だと思うんです。
その子自身をフォローするやり方もあるだろうし、周りに、その子の「個性」を受け入れてもらえるよう理解を求めるやり方もあると思うし、その両方が必要なことが、ほとんどだとも思います。

 

私が中学生のころ「大丈夫?」と声をかけた女の子がいました。
彼女は生理が始まったことに気付かず(気づいてたのかな?)、ジャージにシミが付いていました。

 

彼女は、おしりに手をやり、血が付いていることを確認しても「関係ないだろう!話しかけるな!」と私を怒鳴りました。
(「保健室に行こう」と言っても、受け入れられず、何時間もそのまま…保健室の先生に報告しに行くと、その後どうにか着替えたようでしたが)

 

彼女は、男子からも女子からも、嫌われていて、無視は当たり前、男子からはゴミを投げつけられることも、いつものことでした。

 

彼女は、髪も体操服もいつも汚くて、勉強もできず、運動も苦手、顔立ちも…ハッキリ言って良いとは言えませんでした。
体も小学校中学年程度の体つきです。

 

イジメの対象になるには、そろい過ぎるほどの条件…

 

彼女の態度が悪いのは、イジメられたせいなのか?は分かりません。
同じ小学校だった同級生にきいたところによると、最初から態度は悪かったらしいですが…

 

私は、自分がイジメられた経験から、なるべく、イジメられていそうな子には声をかけるようにしていました。
最初は恐る恐るながらも、話しをするようになる子もいれば、突っぱねてくる子もいます。

 

彼女は、思いっきり後者タイプ…

 

彼女には、支援が必要だったんだと思うんです。
お母さんが体の弱い方で、中学の途中で亡くなられました。
彼女は、前にも増して汚くなり、さらに嫌われていきました。

 

彼女がもう少し、身なりを気にできる子だったら
彼女がもう少し、勉強ができていたら
彼女がもう少し、人の気持ちを分かる子だったら
そんなことを、支援してくれる大人の手があったら…

 

イジメられなかったかもしれない。

 

彼女を気にかけ、声をかける私を見て、担任の先生は「朝自習の時間はあいつの勉強を手伝ってやってくれないか?」と言い、進学先が決まっていた私は「分かりました」と引き受けました。

 

彼女の「算数ドリル」は小学生のものでした。
九九も、満足に覚えていないレベルです。
声に出して、一緒に覚えようと促す私に「ウルサイ!余計な事するな!」と怒ってばかり…

 

私の「いい子ぶった態度」が気に入らなかったのかもしれないし、本当に勉強が嫌いで「大きなお世話」だったのかもしれない…

 

でも、私は本当に心配だったんです。
彼女のことは好きでは無かったけど…
心配だった。

スポンサードリンク

 

中学を卒業して、何年も経って、彼女を街で見かけた時、子どもを2人連れていました。
1人は、おんぶをして、1人は手を繋いで、こちらをチラッと見たような気がしたけど、相変わらず汚い身なりの彼女に、私は声をかけることができませんでした。

 

彼女は幸せに暮らしてるんだろうか?
あの様子では、今も「ママ友」から、仲間外れにされているんじゃないかな…

 

イジメる方が悪いんだから、イジメられる側は変わらなくてイイ!って必ずしも言えないですよね。
「イジメられる原因」を理解して支援することで、次の生きる場で、その子が少しでもイジメられるリスクを減らせるなら、それは一つの方法として良いと思うんです。

 

それと、もう一つ「イジメる子には、問題を抱えている子が多い」という田島先生のご意見。
テレビでの田島先生は「問題を抱えてる子」が、ほとんどだと、いう言い方に聞こえました。
これも、違う気がします。

 

確かにそういうお子さんが多いことは、認めますが「人は」というより、動物は「異質」なものをイジメるものだと思います。
グループの結束強化をはかるために「敵」を作ったりもします。

 

人間は誰もが、そういうものを持っているということを、前提に話をしなくては間違うと思うんです。

 

特に、子どもは無邪気にイジメますよ。
子供って、虫を簡単につぶしたりするでしょ?
何かを痛めつけるって、実は快楽なのかもしれない、大人になって、理性や知性が上回ると、その感覚は心の奥に仕舞われる…違うかな…そんな気がするな…

 

私を、イジメていた子達も、アラフォーの今は、それなりに「イイ人」だったりします。
私も、心の中では「ムカつく」と思っていても、普通に接します。

 

大人になっても、イジメをするような人は本当に人間としてレベルが低すぎますね。

 

あぁ、それとね、尾木ママかな「いじめっ子は、将来的に、みんな幸せになっていない」って言ってたけど…ウソばっかり…

 

私をいじめてた人、幸せそうだよ。
少なくとも、私みたいに毒親の呪縛に苦しんで生きてたりはしないよ。
上記したイジメられっ子の彼女をイジメてたのは、ほぼクラス全員だよ。
クラス全員が不幸になるとか…ありえないでしょ?

 

いじめっ子は「イジメた」ことさえ気付かずに、生きていくことだって多いんだよ。

 

長くなっちゃったな…
すみませんm(__)m
とにかく、イジメは絶対に許しちゃいけないイジメられっ子に原因があるなら、ぜひ大人が支援してあげてほしい。
先生だって、親だって、近所の人だって、児童相談所だって何だっていいよ…
「大変だったね、一緒に考えていこうね!大丈夫だよ!」って言ってくれる人。

 

間違っても、私の担任のように「あなたにも原因があるよの」って本人に言っちゃったり、私の毒親のように「いじめられて、泣いて帰って来るな!やり返して来い!」(と外に出される…)なんて突っぱねたりしないでほしい…

 

私だって、誰かに助けてほしかったよ…。
学校でしゃべれないのも、泣いてしまうのも、給食が食べれないのも、私が悪かったの?
違うよね?

↓我が家の机の上に、このカードがいつもあります。

2016-08-16 12.24.24

0120-99-7777
http://www.childline.or.jp/

 

ijime
0120-078310
http://www.mext.go.jp/ijime/detail/dial.htm
文部科学省

 

★応援クリックしていただけると、とても嬉しいです。

引きこもり主婦 ブログランキングへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*