やる気がでません。からの…バセドウ病の話し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

何だかやる気が出ません(;´Д`)

 

キーボードを打っていると少し落ち着きます。
病気ですね。
キーボード打っている時に落ち着くなんて…

 

やる気の無さは「寝不足」が大きな原因のような気もします。
最近、夫の都合で4時半に起きています。
夫を起こすだけなので、また、寝れば良いのですが、不器用な私は2度寝することができません。

 

そういう意味ではちょっと疲れているのだと思います。

 

ちょっと気になるのは「暑い」と感じることが、また、増えたこと。
実際、最近気温が上がってきていますが、他の人より暑く感じているようです。

 

去年は冬の間から、暑さを感じていました。
その前からも度々ありましたが、年齢的にも「更年期」かな?と市販の更年期対処用のお薬を飲んでいました。

 

薬の効き目は…「わかりません」でした。

 

家の中の階段を上がるだけでも息切れし、休憩してから次の作業に取り掛かるような状態で、近くのスーパーに買い物に行くのにも休みながらなので時間が掛かりました。
買い物から帰ると、すっかり疲れてしまい横になって過ごす…

 

疲れやすくなったな…とは感じていたものの、もともと虚弱体質な私。
生まれてから「今日は元気だ!気分がいい!」などと感じたことはほとんどありません。
年のせいかなと思っていました。
「怠け者なのかな」と、ちょっと自分を責めたりもしました。

 

私は季節変わりには、必ずと言っていいほど「咳」が続きます。
少し出始めると自然に良くなることはありません。
なので病院に行くほどではない状態で薬を出してもらいに病院に行きます。

 

その時も「咳」の薬をもらいに行っていました。
先生に「最近、疲れやすくて、息苦しいんですけど」と軽い気持ちで相談してみました。
先生も「mizuhoさんは、まぁ、丈夫な方ではないからね。でも、ちょっと脈とらせてね」と手首を触り、先生は首をかしげています。
次に私の首を触り、やはり首をかしげています。
最後に機械で脈を図られました。

 

先生は「う~ん、脈、いくらなんでも早すぎるね、今、全速力で走ってるくらいの脈拍数だよ」と説明を受けました。
もちろん、走ってません。
ずっと、座った状態でした。

 

すぐに、血液検査をされて「来週」また来るようにと言われました。

 

翌週「検査結果」を聞きに行くと「バセドウ病」とのことでした。

 

子供のころから疲れやすくて、1カ月程度なら寝たり起きたりの生活がしょっちゅうある私。
また、体調悪いな。さらに年だしな。が加わって病気になっているなんて思ってもみませんでした。

 

確かに薬を1年飲んた今と、去年の自分ではぜんぜん違います。
自宅内で息切れするようなことはなくなりました
もともとが、ヘタレなので元気いっぱいということはありませんが、ソファで横になることは減りました。

 

スポンサードリンク

なので、この自分の中が「熱い」感じが気になります。
正直「更年期障害」というなら、年齢的にも仕方がないかなって思いますけど、バセドウ病が悪化したのなら、少し不安です。

 

今は4カ月に1度病院に行くことになっているので、次回は来月…
しばらく、不安を感じながら過ごさなくてはいけません。

 

でも、病院に行くのは少し楽しみでもあるんです。
次回は娘に付き添ってもらうよていですが、病院の場所が「表参道」なので、表参道ヒルズの近くなので色々見るところも多くて楽しいです。
楽しいと思えるようになったのも最近ですけどね、通い始めたころは病院で座って居るのさえ疲れてしまって、近くの駐車場で寝て待っていました。

 

通院している病院は「伊藤病院」というのですが、甲状腺の病気しか診ない専門病院です。
甲状腺の病気の方なら、みなさんご存知と思います。
超有名な病院ですよね?

 

超有名な分、超こんでます。
朝、5時50分に着いても1番にはなれません…
それでも、薬の処方の仕方など「やっぱり専門病院だな」という自信を感じます。

 

経験値の差なのでしょうが「バセドウ」だと気付いてくれたクリニックの先生は薬の量を決める時に「悩んでる」んですよ。
やっぱり、ちょっと不安になるじゃないですか?
伊藤病院はそういうことが少ないように思います。
バセドウ病だけでも、そうとうな患者数だと思うので、病院にも先生個人にも経験の蓄積があると感じます。

 

えーっと、何を書きたかったのかり、分からなくなってしまいました…

 

そう「やる気が出ない」でした。
キーボードを打っているうちに、少し落ち着き、病気のことを書いているうちにノッてきて「そうだ、次に病院に行った時には伊藤病院のレポートを書いてみよう」という気になっていました。

 

私も伊藤病院に行く前には「体験談」を探していっぱい読みました。
誰かのお役に少しは立てるかもしれないですもんね。

 

やる気が出ないときは、無理してやらずに、好きなことをやってみる。
それでも「違うな」って思ったら「休む」がいいのかな。
きっと「やる気」が出ないときは「休み」が必要なんですよね。

 

「休む」なんて無理な「あなた」は少しだけ気を抜いたらいいと思います。
大抵のことは少しぐらいサボっても死んじゃうほど酷いことにはなりません。
少しだけサボっちゃいましょう。
少し気を抜くことが自分を救うことにもなりますよ。


引きこもり主婦 ブログランキングへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*