新潟糸魚川 乳児殺人事件 養父・義理の娘 共に「証拠不十分」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

新潟県糸魚市で生まれたばかりの男の子の首を刃物で切って殺害したとして殺人容疑などで逮捕されていたアルバイト作業員の男(養父65)と義理の娘(28)が16日、処分保留で釈放されていた。

 

この事件については
「糸魚川市 乳児殺人事件 父65歳と娘両容疑者の男児」
「新潟、乳児殺害事件、一美容疑者 数数年間にもわたし性的関係強いられていた」
と記事を書きましたが、どうなったか気になっていました。

最近の報道内容

●県警は2人の供述より殺害方法、遺棄場所など調査し、決定的な証拠となる遺体を発見する方針だった
10日から男児の遺体を捜索
●養父は逮捕当初より一貫して容疑を否認
その後黙秘
●義理の娘は容疑を認め取り調べに応じているが遺棄場所を把握していない
●娘は「父が遺体を自宅から持ち去り、その日のうちに戻ってきた」と供述
→養父が車を所有していないことから自宅近くの山中を捜索した。
●犯人しか知り得ない遺体の遺棄場所を特定することができなかった
●拘留期限までに遺体を発見できなかった
●義理の娘の自供内容以外に殺人や死体遺棄を立証する決定的な証拠が見つけられなかった。
●新潟地検は証拠不十分と判断した。
●新潟地検は「今後も捜査を継続し、遺体の発見に努める」としている
●地検は16日、娘を釈放、男性は別の障害事件で起訴しており、引き続き拘留している

 

スポンサードリンク

 

これは、そもそも「事件」が存在するのでしょうか?
逮捕しているのだから、それなりの証拠はあったはずですよね?
何も無しに「逮捕」はできませんよね?
もし、このまま遺体が発見されなかったら「事件」自体が無かったことになってしまうのかな?

 

 

この事件の被害者である赤ちゃんの親は容疑者である2人…もし、事件が本当だったとしても誰も「再捜査してくれ!」と訴える人も居ない…

 

 

2人は恋人のようだった、なんて噂もあったようですが、もし、それが本当だったとしても、性的関係が始まったのは義理の娘が13歳ころ…最初から同意の上とは考え難いです
もし、もしもこの事件が義理の娘が養父や実母から逃げる為のお芝居だとしても、それは誰も責められないかも…
そして、この事件が本当にあって、それでも犯罪として裁かれないのなら、どうか2人には、一生、赤ちゃんのことを忘れないでほしい
ひっそりと供養してあげてほしい
今まで吐き気がするような狭い世界で生きてきたであろう娘さんには、自分の人生をやりなおしてほしい、養父実母と決別してほしい。
世界はもっと広くて、あなたにも可能性はまだまだ残されているはず。
頑張ってください。


引きこもり主婦 ブログランキングへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*