保険屋さん!ルール違反じゃないですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

保険屋さん「ちょっとルール違反じゃないですか?」て思ったことが最近ありました。

保険の担当さんが私の誕生日に花を持ってきてくれました。
その時に、ママ友が来てたのですが「こんにちは~mizuhoさん(私)から今日お友達が来てるって聞いたんで、ご挨拶だけさせてくださいねぇ~」とママ友に名刺を渡しました。

う~ん?これだと私が「明日、紹介したい人がいるから来て」って言ったみたいじゃないですか?私の印象悪いですよね?

でも、実際には前日電話で
担当さん:「明日、お誕生日ですよね?ちょっとしたものなんですけどプレゼントお持ちしたいんですけどぉ~」
私:「明日は子供の友達を預かるので目が離せないので無理です」(この時点ではママ友は一緒に来ない予定だった)
担当さん:「渡すだけなので、すぐ帰りますから、ちょっとだけいいですか?」
私:「じゃ、いいですよ」
こんな感じでした。ママ友が来ているを知ったのは多分「靴」を見てだと思うんだけど…

分かるんですよ、あちらも仕事だって。でもね信頼?してたので裏切られた感がね…
保険って命の値段ていうか、家族の命を守るものじゃないですか?「信頼」大事じゃないですか?
少し前から「義姉にその保険(ドル建てで投資色の強いもの)必要ないよね?」って思う保険を勧められたりして「う~ん?」どうなの?って思ってた時だったので、ダメ押しされた感じです。
きっと、もう彼女には保険の相談をしないだろうな。

最近は近所の大手スーパーにある保険紹介窓口?みたいな所の店長さんに良く相談しています。
1年半前、家の建て替えの時に「火災保険」に入らねばならず、どこに入ればいいのか?誰に相談したら良いのか分からなくて「とりあえず」行ってみたのですが
意外にもそこの店長さんが良い方でした。性格ももちろんいいだけど説明がとても分かりやすかった。素人にもわかる言葉で、分かるまで時間を十分掛けてくれ必要ないものは「必要ない」とはっきりと言ってくれる。
保険って入れば入るだけ安心は増えるけど、支払いも増えて普段の生活が脅かされる、そんなの「本末転倒」そのバランスが難しいですよね。

スポンサードリンク

義姉の件も店長さんに相談したところ「今のお義姉さんの状況では保険加入はしないで、持っている現金を目減りさせないようにした方が良いですね。また、投資に回せるほどの金額でもないので元金が減ってしまうようなリスクの無い状態で貯金しておいて下さい」と適切な(私もそう考えていたので)答えが返ってきました。

店長さんにとっては保険も投資商品も売ることのできる絶好のチャンスだったのにも関わらず親身になって相談に乗ってくれたことで「信頼度」が増しました。
店長さんも仕事でやっているのだから、もちろん、善意だけでやっているのではないのは分かってますよ。それでも、そこを差し引いても、やっぱりこれからは店長さんに相談したいと思います。

義姉の生命保険の更新のことで大手生命保険会社と揉めてしまった私…ちょっと「保険屋さん」にアレルギーがあるのですが店長さんは保険屋さんの匂いがしないのもいいのかも!
あ、義姉の生命保険トラブルのことも、近いうちに書きたいなぁ。知らずに「損」をしている人が沢山居ると思うから…


引きこもり主婦 ブログランキングへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*