「PTA役員決め」恐怖です…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

みなさま、恐怖の…恐怖の「役員決め」の季節がやってまいりました。

私は昨年「役員」をやったので今年度は立候補しないかぎり役員をやらなくても大丈夫そうなのですが…(1人の子供に対して2回やる決まり)

何なのでしょうかね、だいたい緊張したムードになりますよね?

私は昨年度やりましたが、知り合いにやってほしいとオファー?をいただき「大丈夫できるよぉ~」などと軽い感じでお願いされたので、やってみたら副会長さんより大変な役回りだった…
でも、やってみれば私のようなコミュ障な人間でも「役員の仕事」という媒介?ツール?を通すことで仲良くなり友達を作ることもできました。
お友達を作るのが苦手なママにはおすすめです!最初は大変かもしれないけど、一緒に作業する中で自然と仲良くなれますよぉ!
ま、頑固な私は合わない人とは言い合いになることもありましたが…
(「仕事」として効率よく合理的にすすめたい私 VS 仲良く楽しくすすめたい人)

一番気になるのは、どうしてあんなに「強制」「平等」にこだわるのかな?ってことです。

実際、いろんな事情で出来ない方、はっきり言って能力の無い方、やる気が本気でない方?居ますよね?
一緒の係になった人はしわ寄せがきて大変です!

なのに…
「私だって母乳あげながらやったんだよ!」
「みんないろんな事情はあるよ!」
「(単純に)やらない人がいるなんてズルい!!」

分かります。わかるけど…
母乳あげながらの役員活動大変じゃなかったですか?あなたの代わりにあなたの分まで動いた人が居るのではないのですか?
いろんな事情はあっても、大小、濃淡はあるでしょう?みんなの前で吊し上げのように個人的なことや病状を説明しなくてはいけない人の気持ち分かるのかな?
私は実際、シングルマザーで子供と離れて暮らしてた時期があったり、病気で動けない時期もあって「本当に無理!!!」な時ってあるんだよぉ~と、つい弱者側に立ってしまうのですが

スポンサードリンク

「強制」するのであれば、仕事を減らし、誰もが引き受けやすい仕組みづくりが必要だと思うのだけど、そういうこと提案すると嫌な顔されるし…
何を話すのか決めもしないで集まってダラダラお茶しながら「どうするぅ~?」とか…私がやりたくもないのに引き受けた人間なら耐えられません…
せっかく、前年度の役員さんが「仕事」を簡素化?簡略化?してくれたのに「これじゃ寂しいよね?つまんないよね?」などと元に戻してしまったり…意味わからん…
ま、私は自然な会話は苦手でも「仕事」としての話は不得意ではないので話し合いに必要な資料は毎回「勝手に」作っていき「今日はここまで進めておく必要があるよぉ」と同じ係の役員さんには提案したりしてたけどね。
実際に時間のないママなんかは、すごく喜んでくれましたよぉ。

みんな少しずつ優しく親切になると変わることもあると思うんだけどなぁ
女子ばかりの世界は何年たっても怖くて慣れることができません
やっぱり私のコミュ力が低いだけなのかなぁ~
見てるだけども気が重くなります


引きこもり主婦 ブログランキングへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*